肌老化を進める要因を理解したスキンケア

肌老化を進める要因を理解したスキンケア

肌の老化現象は、お肌の一番外側の表皮から徐々に深部へと進み、真皮、皮下組織、筋肉へと順に機能が低下してエイジングサインとしてあらわれます。

女性ホルモンの減少や代謝の低下などの内的な要因と、紫外線や乾燥などの外的なストレスが複合的に絡み合うと、エイジングのスピードも上がってしまします。

また、同じ年齢・同じ外的ストレス下にあっても、肌トラブルやエイジングが生じやすい人と生じにくい人がいます。これは遺伝的な要素が大きくかかわり、生まれ持った肌質や外的な刺激の受けやすさが個人個人では異なることによるものです。

実年齢より若々しく見える方は概してお肌そのものが若々しくイキイキとした表情をしているものです。

それはすなわち、自分のお肌のコンディションをしっかりと把握して、適切なケアや日々の生活習慣の改善を心掛けていることにほかなりません。

年齢を重ねるほどに、日々の生活習慣やスキンケアの有無が重要になります。

現在の肌の状態を正しく理解して、そのレベルに適した対処法を知り、今すぐ実践してみましょう。

それが5年後、10年後の未来の美肌につながります。

つまり、老化のスピードを遅らせて、若々しい肌を保つこと、また取り戻すことは可能なのです。

肌の運命を左右する内的な要因を考えてみましょう。

女性ホルモンは、30代を境に少しづつ減少します。

これは誰もが避けられないものではあるのですが、女性ホルモンはお肌の美しさや、体のバランス、また疲れやすさにまで影響しますので食事やサプリメントで減少スピードを抑える工夫をしましょう。

お肌の奥のコラーゲンも35歳をピークに減少します。

コラーゲンはお肌のハリと弾力に大きく関係してきますから、減少分は化粧品やサプリメントで補いましょう。

食事も大切なポイントになります。

そして基礎代謝です。

基礎代謝とは、呼吸や内臓が機能するために必要な最小限のエネルギーですが、基礎代謝も年齢とともに低下していきます。

摂取した食物をエネルギーに変える力も衰えるため、太りやすくなります。

基礎代謝の衰えは筋肉トレーニングや有酸素運動を習慣化することでそのスピードを遅らせることが可能です。

また、肌老化の起こりやすさには実は遺伝的要素がかかわっています。

顔の目鼻立ちだけでなく、例えば両親にシワが多ければしわが生じやすいとか、母親が日焼けしやすいという場合など、肌老化の傾向や肌質はある程度引き継がれます。

遺伝子を調べて、肌の傾向と将来の肌老化を予測して前もって対策を講じることができれば、10年後、20年後のお肌が大きく変わってくるでしょう。

こうした内的要因に加えて、最大の外的ストレスである紫外線対策を抜かりなく行うことで、エイジングのスピードを遅らせましょう。

紫外線対策に関する具体的なケア方法や美白化粧品については下記のページも参考にしてみてください。

美白化粧品って効果あるの?シミのタイプと美白成分を理解する

2017年5月11日|