肌悩み別のエイジングケア基本の基本

肌悩み別のエイジングケア基本の基本

たるみ毛穴は、真皮のコラーゲンなどが減少して、ハリや弾力が低下することで毛穴がゆるんでくることで毛穴が開いて見えるものです。

早い人なら20代後半から、お肌の表皮の肌表面がみかんの皮のようにザラついてきます。

たるみ毛穴を放置すると、皮膚のたるみが本格的なフェイスラインのたるみに進むこともあります。

20代で気になる毛穴の悩みの原因の多くは、角栓の黒ずみです。

これは毛穴に詰まった皮脂と古い角質が混ざり合って皮脂が酸化することで黒ずんでくるものです。

30代以降になると、たるみ毛穴で悩む方が多くなります。

くすみや角質肥厚、毛穴の黒ずみ、吹出物などが出現し、メイクの崩れやメイクの毛穴落ちも目立つようになります。

スキンケアのポイントとしては角質ケアと保湿ケアが基本です。

美顔器でビタミンC誘導体入りの美容液をイオン導入すると短時間で効果的なたるみ毛穴のケアができます。

食生活もビタミンCや肌のターンオーバーを促す食物繊維、ビタミンE、ビタミンAなどを意識してとりましょう。

30代後半ころになると、肌のたるみが進んできます。

フェイスラインの崩れやほうれい線、目元のたるみ、目の下のたるみなどに悩む方が増えてきます。

これは、真皮層のコラーゲンが変性し、お肌の表皮を支えきれなくなることが主な原因です。

また、新陳代謝の低下により、老廃物が排出できなくなると、顔の各所にむくみがあらわれたり、くすみもメッ立ってきます。

その結果、皮膚が緩んでしまった状態がたるみです。

この状態を放置していると、深く刻まれた表情しわやマリオネットラインの影が深いシワへとつながっていきます。

スキンケアは肌の真皮を活性化させるケアがポイントです。

真皮でコラーゲンやヒアルロン酸の再生に重要な働きをしている線維芽細胞を活性化させる美容成分、ペプチドやプラセンタ等が配合された美容液を使いましょう。

肌の水分やハリが失われて、しぼんだ印象を与えるのがシワです。

眉間や目じり、ほほ、口元に深いシワが目立ち、マリオネットラインも現れます。

シワでも水分を与えれば目立たなくなるいわゆるちりめんじわは、保湿ケアでいいのですが、深く刻まれたシワは真皮のハリ不足が原因の一つになります。

スキンケアでは保湿ケアに加えて、真皮のコラーゲン生成を促すレチノール配合の美容液がおすすめです。

食生活は良質なたんぱく質と脂質をバランスよく摂りましょう。

2017年5月 9日|